1 はじめに

 養育費をいくら請求できるか、あるいは、いくら支払うべきなのかについては、婚姻費用算定表、養育費算定表が裁判所のHPにも掲載されており、だいたいの額を知ることができます。

しかし、算定表は、子ども3人までのケースしか載っていないことから、子沢山の沖縄では、算定表だけでは、わからない場合もあります。また、夫婦がこどもを1人づつ引き取るようなケースなどについても、同様です。

 ここでは、裁判所の使用している養育費算定方式について、説明します。この算定方式がわかれば、算定表に載っていないケースも自分で計算できます。

 

2 養育費の考え方

  養育費については、収入の多い親と子が同居している状況を仮定して、子の生活費(義務者・権利者双方の実際の収入金額を基礎とし、子が義務者と同居していると仮定していれば、費消されていたはずの生活費がいくらかであるか)を計算し、これを義務者・権利者の基礎収入の割合で案分し、義務者が負担すべき養育費の額を定める方法で計算します。

 ちなみに、義務者とは養育費を払う側、権利者とは養育費を受け取る側をいいます。

具体的には、養育費は

子の生活費×義務者の基礎収入/(権利者の基礎収入+義務者の基礎指数)

で計算され、子の生活費

義務者の基礎年収×子の生活費指数/(義務者の生活費指数+子の生活費指数) 

で計算されます。

 

  (1)基礎収入

  裁判所で使用されている養育費算定方式によれば、基礎収入は、総収入(税込の額面の年収)ら、公租公課・職業費・特別経費を差し引いたものとされており、

 基礎収入=総収入×0.340.42

との計算式により計算されています。

 ちなみに、係数については、高額所得者ほど割合が小さくなっており、具体的には以下のとおりです。

 
  給与所得者の場合    自営業者の場合
給与収入(万円) 事業収入
    ~100 42     ~421 52
    ~125 41     ~526 51
    ~150 40     ~870 50
    ~250 39     ~975 49
    ~500 38    ~1144 48
    ~700 37    ~1409 47
    ~850 36
   ~1,350 35
   ~2,000 34

(2) 子の生活費指数

 親の生活費指数を100とし、子の生活費は、0歳から14歳までは5515歳から19歳までは90とします。

 例えば、0歳から14歳までの子が2人いた場合、養育費の額は

 義務者の基礎収入×(55+55)/(100+55+55

 となります。

 

(3)義務者が支払う額

 義務者の負担額は、子の生活費を権利者、義務者で案分したものとなり

 子の生活費×義務者の基礎収入 /(義務者の基礎収入+権利者の基礎収入)

 の算定式によって計算されます。

 実際の養育費を決める際には月額で決めることが多いことから、上記の金額を12で割ることになります。

 

 3 養育費算定表にでてこないケースの具体例

  この計算式を使えば、養育費算定表にでてこないケースでも計算できます。

  (1) 義務者年収600万、権利者年収400万、子ども5人(15歳以上1人、15

   未満4人)の場合 

 義務者の基礎年収= 6,000,000×0.372,220,000

 権利者の基礎年収= 4,000,000×0.381,520,000

 子の生活費=2,220,000×(90+55+55+55+55) / (100+90+55+55+55+55) =1,678,537

 義務者の負担額(年額)=1,678,537×2,220,000  / (2,220,000+1,520,000)=996,350

   同   (月額)=996,350÷1283,029

    月額約83千円となります。

 

(2) 義務者800万、権利者300万、子ども1人づつ(いずれも15歳未満)

  引き取った場合

 養育費算定表は、権利者のみが子を監護している場合を想定して作成されているため、子が義務者側にいる場合には、算定表をそのまま当てはめることはできません。

 原則通り、権利者に監護されている子の生活費を権利者・義務者の基礎収入の割合で案分して計算することになります。

 計算方法としては、双方の基礎収入合計額×(権利者側の生活費指数/家族4人の生活費指数)となります。

  権利者の基礎年収=3,000,000×0.381,140,000

  義務者の基礎年収=8,000,000×0.362,880,000

 子の生活費

  2,880,000×55/100+55+55)=754,286

 義務者の負担額

  754,286×2,880,000/(2,880,000+1,140,000)=540,384

 同月額

  540,384÷1245,031

 となり、45千円となります。