弁護士法人ニライ総合法律事務所 沖縄県那覇市西1-2-18 西レジデンス2-B

弁護士・兒玉竜幸

Stand by you.
あなたの心に寄り添える弁護士に

1 【私のidentity】

私は幾度かの挫折を経験して弁護士となりました。そして、この仕事に就くまでの間にさまざまな職種の仕事を経験し、その1つ1つで仕事の苦労や喜びを肌で体験してきました。このような経歴は、さまざまな立場にある方々へ共感する感性を私に身に付けてくれました。相談者の悩みを真に解決するには、その方の立場に立って考え、共感することが重要であり、他の弁護士にはない共感力が、私の長所です。

2【岐路と選択】

私は弁護士になることを志してから一度だけ、別の道に進むべきか真剣に思い悩んだときがあります。それは大学院時代のことで、私は心理カウンセラーになる道を選ぼうか悩んでいました。紛争は多かれ少なかれ感情の衝突が伴います。心理カウンセラーになれば、依頼者の心のケアを通して、紛争を未然に防ぐことができるのではないかと思い、このまま法律を学び続けてよいものか考え続けていました。

そのようなとき、ある教授から「弁護士も心理カウンセラーも、ベクトルは異なるにせよ、相談者の心の快復につながるという点は同じではないか。」と助言をいただきました。

その言葉を受けて、弁護士の仕事が、依頼者と相手方の紛争を解決するだけではなく、依頼者の心の満足を生み出せるものであることに気付けたように思います。

3【問題解決へのスタンス 弁護士に相談することの意義】

弁護士に相談することには3つの大きな利点があります。第1に弁護士が相手方との窓口となることで紛争との距離を取ることができること、第2に法律の専門家に相談することで適切な紛争解決の道しるべが得られること、そして最後に、あなたの味方となる人物に心の内を打ち明けることができることです。

不安に悩まされる日々から解放されるよう迅速に対応し、あなたの立場に立ったベストな紛争解決を導くことを常に意識しています。

4【納得のいく解決】

家族間紛争を典型として、法律紛争においては終結後も相手方と関わりを持たざるをえない場合が少なくありません。そのような場合、怒りに任せて金銭的満足を得るだけでは一時の安息を得るだけで、問題の根本的解決には至りません。私に相談して下さる方が、1人でも多く、心から納得のいく解決策を見つけ出せるように、丁寧かつ隅々までお話をうかがい、本当の満足を得られるよう力を尽くします。

<経歴>

1985年 大阪府出身
2006年 青山学院大学法学部法律学科卒
2014年 明治学院大学大学院卒
2018年 司法試験合格 72期

<趣味>

将棋

ニライ総合法律事務所
面談ご予約・お問い合わせ
TEL 098-988-0500 平日 9:00~18:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
スマートフォンサイトQRコード

スマートフォンサイトQRコード

弁護士法人ニライ総合法律事務所那覇本店

弁護士法人ニライ総合法律事務所沖縄市支店

PAGETOP
Copyright © 弁護士法人ニライ総合法律事務所 All Rights Reserved.