【法律相談の概要】

 相談者の(元)妻が不貞を行った事がラインで判明。相談者は相手方と電話で会話をしたところ、相手方は不貞を認めたが、その後すぐに音信不通となった。妻とは離婚しており、妻からも相手方の行方を聞き出すことは難しいが慰謝料を請求したい。

【弁護士の関与】

 弁護士は、相手方の携帯に架電したが繋がらないため、弁護士会照会をかけて電話番号から住所をつきとめることを検討する。しかし相手方携帯はソフトバンクであったため、かかる手段は取れなかった。次に、相手方携帯にSMSのメールで弁護士からコンタクトを取ろうとするが、これも無視される。そこで、名前と職業で検索すると某他県で就労していると思われることが判明。弁護士会照会をかけて職場に就労しているか確認をするが回答としてははぐらかされてしまう。もっとも回答の内容からまず就労していると思われるため、当該対象者の勤務先近くに住む知人を通じて写真と容姿を照合してもらい同一性を確認。訴状を提起した。

【判決又は和解】

 相手方は弁護士を立てて請求を争ってきたが、詳細なメールがあったため、和解にこぎつけ、分割で慰謝料を払ってもらうことに成功した。