弁護士法人ニライ総合法律事務所 沖縄県那覇市西1-2-18 西レジデンス2-B

面会交流を拒否した場合

離婚や別居時に離れ離れになってしまったお子さんと会うための面会交流は,離れて暮らしている親からすれば,かけがえのない大切な時間です。そのため,面会交流を拒否するということはどういうことになるのかを,面会交流をさせるべき側の親と,要求する側の親の双方の立場から,解説します。

まず,面会交流は,お子さんのための大切な権利であり,一緒に暮らしている親としては出来る限りさせてあげなければならない義務だという考え方が家庭裁判所においては取られているということを意識してください。

つまり,家庭裁判所においては,面会交流を積極的にさせる親が良い親であり,逆に,面会交流に消極的な親,会わせたがらない親は悪い親として見られるということになります。中には当然,子にとっても悪影響を与える親もいることはいますが,どんな親であっても,子にとっては親であることには違いがありませんし,また,お子さんはどうしても一緒に暮らしている親の考え方に従う傾向にあるとされていますので,例えばお子さんが離れて暮らす親とは会いたくないという事を言っているというだけでは,一緒に暮らしている親の考えに影響されているだけではないか?と見られてしまい,面会交流を拒否する理由にはならないと考えられています。

そのため,面会交流を拒否するということは,仮に離婚調停の際中である場合などは,親権者として不適切であるとみなされる可能性もある行為ですので,もしお子さんと一緒に暮らされている場合には,どんなに自分としては納得できないとしても,極力,相手方にも会わせてあげるようにした方が無難です。
また,逆に,調停で面会交流の回数などを決めたにもかかわらず,特段,理由もないのに全く会わせてもらえないという場合には,裁判所に対し連絡することで,裁判所から相手方に対して勧告したり,余りにも程度がひどい場合には,強制執行,場合によっては親権者や監護者の変更といったことも考えられるということになります。

このように面会交流自体は,いずれにせよ通常,拒否することは難しいものであるということを理解されておくことが重要です。

ニライ総合法律事務所
面談ご予約・お問い合わせ
TEL 098-988-0500 平日 9:00~18:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
スマートフォンサイトQRコード

スマートフォンサイトQRコード

PAGETOP
Copyright © 弁護士法人ニライ総合法律事務所 All Rights Reserved.