離婚を考えている方へ

離婚を考えている方、「離婚したい」と言われた方、どちらも非常な不安とたくさんの精神的負担を抱えていらっしゃると思います。

それは、離婚が離婚届を出したからと言ってすぐに問題が解決するものではないからです。

そもそも、離婚をするのかしないのか、という間口の問題がありますが、その決断に当たって、様々な点を考慮しなければいけません。たとえば、離婚後にどこに住むか、今の住居をどうするかという問題、婚姻期間中に相手が不倫をしたり暴力をふるっていた場合などに発生する「慰謝料請求」の問題、二人で生活して築き上げた財産をどうわけるかという「財産分与」の問題、子どもをどちらが面倒をみるかという「親権や監護権」の問題、どんなふうに子どもを合わせるかという「面会交流」の問題、子どもの養育費をいくらにしていつまで払うのかという「養育費」の問題など、決めなければいけない事は山ほどあります。

これらの問題は、離婚届けを提出した後でも決められるものもありますが、基本的には、離婚の際にこれらの見通しがないと、離婚の決断ができないからです。

あまりに結論を急ぎすぎると後で後悔するような合意をしてしまう事もあります。また、法律的な論点を知らなかったり離婚裁判や離婚調停での相場が分からないために、実は非常に損した条件で離婚に合意してしまう人もいます。離婚を決意したとしても、その後、どのような金銭的な請求が出来て生活はどのようになるのか、などの帰結は身近な経験者に相談しただけでは見通しが立たない事が多いです。離婚のケースは各家庭の経済状況、子どもの年齢、当事者の職業、実家の援助の有無などによって千差万別だからです。

そこで離婚について話し合う必要が出てきた場合には、まず、経験豊富な弁護士に相談することをお勧めします。なお、教科書的な法律の本に書いてあること(お題目的な部分)と、実際の調停の運用とは少し異なっている点もあり、また、実際の調停の相場のようなものは法律の本に書いてあるわけではなく、沢山の事件を取り扱ったことのある弁護士だけが知っているという側面もあるからです。

なお、弁護士のアドバイスを聞いても、裁判や調停手続きが大変なために、自分の力だけではアドバイス通りの解決が出来ないこともあります。その場合には、それこそ経験豊富な弁護士に依頼することをお勧めします。

ニライ法律事務所では、このように人生の岐路に立たれた当事者の方をサポートすることで、問題を早期にそして公平に解決することのお手伝いをしたいと考えています。ニライ法律事務所は30分5400円で法律相談を受け付けております。

 法律相談のご予約・お問い合わせはこちらから  TEL:098-988-0500

離婚 相談カード(WORD)  離婚相談カード(PDF)

離婚調停の進み方

調停というのは、裁判所における話し合いです。夫婦間の話し合いがうまくいかない場合に、調停を申立てることになります。調停申立ては、同居したままでもできますが、調停申立...

続きを読む

離婚協議書の作成と公正証書

夫婦間で離婚することが決まった場合、離婚届を提出すれば、離婚は成立します。しかし、離婚の際に決めたほうが良いことは、親権、監護権、財産分与、年金分割、慰謝料、養育費、面会交...

続きを読む

離婚原因と裁判の離婚

1 離婚原因と裁判離婚離婚については、当事者の合意があれば、離婚原因が無くても離婚できます。相手方が離婚に同意しない場合は、まずは離婚調停を起こす必要がありますが、この...

続きを読む

離婚調停を弁護士に頼むメリット

調停段階から弁護士を雇うメリットは、第一に、安心感が得られるということと、第二に、離婚条件の交渉において、有利になるということにあります。また、第三に、裁判所と足並みをそろえて...

続きを読む

調停調書と公正証書

離婚、養育費、慰謝料、財産分与などの支払いについて当事者の話合に争いがなければ、公証役場に行って公正証書を作成することも一つの解決策です。公正証書を作成するメリットは、慰謝料や養育...

続きを読む

お気軽にお問い合わせください。098-988-0500受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

ご予約・お問合せ