弁護士法人ニライ総合法律事務所 沖縄県那覇市西1-2-18 西レジデンス2-B

不倫浮気の慰謝料の相場

不倫の慰謝料はいくらぐらい請求できるのか

浮気(不倫)相手に慰謝料を請求する場合、いくらぐらいの慰謝料を請求することが出来るのか気になるところです。

実は,不倫・浮気の慰謝料については,明確な基準というのは存在しません。

各当事者それぞれにおいて話し合った上で,決定することも可能ですので,場合によっては週刊誌等で見るような芸能人だと数千万円というような話も出てきていますが,これは離婚の際の財産分与額を含んだものではないかという可能性もあります。ただ,いずれにせよ,慰謝料については,こうでなければならないというものではありませんので,双方の合意によっては,高額化することもままあります。

ここでは,仮に裁判で慰謝料を争った場合,いくらぐらいの金額が認められるのかという簡単な相場をご案内致します。基本的には,不倫・浮気の結果,離婚にまで至った場合と,そうでない場合で相場が変わってきます。具体的には,

離婚に至った場合 150万円~250万円
そうでない場合   50万円~150万円

といったようなところではないかと思います。もちろん,この辺りに落ち着くことが多いというだけで,裁判において認められた慰謝料額は,全体では,だいたい数十万円から500万円ぐらいまでが認められておりますので,不倫・浮気の内容や,その結果に応じて金額に差が出ることは当然あり得ます。ただ,いずれにせよ,相場からそこまで離れた判断が出るものではありませんので,この金額については覚えておいて損はないのではないかと思います。

不倫の慰謝料の額に影響を及ぼす4つの要素

不倫の慰謝料の額に影響を及ぼす大きな要素としては次のものがあげられます。

1 離婚に至ったか否か

不倫が発覚した場合に、それでも離婚しない場合もあります。この場合でも不倫の慰謝料請求はできます。ただし、離婚になってしまった場合とでは慰謝料の額が変わってきます。

不倫によって離婚になるのかどうかは裁判官も重要視していて、裁判では必ず聞かれます。別居になっている場合でも、慰謝料額は高くなる傾向にあります。

離婚しない場合は比較的安く抑えられることが多いです。

2 不倫相手と配偶者と両方を訴えているか。

不倫の慰謝料の支払い義務は、不真正連帯債務といって、不倫した両方が不倫によって発生した慰謝料を支払う義務を負います。内部負担はともかく、総額でだいたい100万~300万を払うということになります。

不倫慰謝料を請求する側は、「不倫相手だけ」を訴えたり、「不倫した配偶者だけ」を訴えたり、「不倫した両者」に対して訴えを提起することができます。請求の方法も、例えば慰謝料が300万だとした場合、不倫した一人に300万請求してもよいし、150万ずつ請求してもよいです。総額で不倫によって被った慰謝料を払えと請求できます。

逆に言うと、理屈上は、不倫した片方を訴えた場合でも両方訴えた場合でも、請求できる金額や認められる金額は同じはずです。

しかし、実際の裁判では、支払い能力が重視されることもあり、二人を訴えた方が、認められる額がかなり高くなります。

3 離婚において財産分与に慰謝料が含まれているか

離婚に際して、すでに不倫を理由にかなり有利な財産分与を受けていながら、不倫相手にも慰謝料請求をする人もいます。

しかし、不倫慰謝料請求において、すでに財産分与で多額の財産をもらっている場合は、これは大幅な減額事由になります。場合によっては、すでに慰謝料は元配偶者からもらっているということになり、不倫相手には請求できないこともあります。

4 不倫相手、不倫した配偶者に資力があるか

不倫慰謝料請求は、不倫によって被った精神的慰謝料を請求するもので、相手がどのような資力があるかは、法的には慰謝料に影響を及ぼさないはずです。しかし、実際には、ほとんどが和解で終わることもあり、相手が医者である場合などには不倫慰謝料額は高く認められる傾向にあります。

5 その他(教科書的には影響を与えるとされているもの)

その他、不定慰謝料に関する書籍などについて影響を及ぼすとされており、実務的な感覚として多少影響を及ぼしているとおもわれるものとして

①不倫により破綻した婚姻期間の長さ、子の人数

②不倫の回数、期間

などがあげられます。ただ、これらは数十万も影響しないという印象です。

6 不倫慰謝料の相場を相談したい場合には経験豊富な弁護士へ

不倫慰謝料については上記の様々な要因の組み合わせ、ケースバイケースで慰謝料額は変わってくる印象があります。実際にいくらぐらいが適正な額なのかは、経験豊富な弁護士にぜひご相談ください。

 

ニライ総合法律事務所
面談ご予約・お問い合わせ
TEL 098-988-0500 平日 9:00~18:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
スマートフォンサイトQRコード

スマートフォンサイトQRコード

PAGETOP
Copyright © 弁護士法人ニライ総合法律事務所 All Rights Reserved.